アンシャル体の書き方を紹介します。
カリグラフィーを独習しようという方には物足りないと思いますが
カリグラフィーにちょっとだけ興味があるという方には
概要はつかんでいただけるかと思います。


ペン先の平らな部分を常に30゜の 角度に一定して書きます。
それにより太いラインと細いラインの メリハリのある文字になります。
文字の傾斜は無し。
文字の幅を広く、丸味を持たせて 書くのが特徴です。
アンシャル体には、4本のガイドラインが 必要です。
X(エックス)ハイトはペン先の幅の4倍、 アセンダーとディセンダーはペン先の幅の 1.5倍。
ペン先の幅により、文字の大きさが 決まります。










ウィンドウを閉じる








SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー